リクルート健康保険組合

リクルート健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

はり・きゅう、あんま・マッサージにかかるとき

健康保険では、いったん医療機関等に全額支払った費用について、後で健康保険組合から払い戻しの給付を受けられる場合があります。

立て替え払いをしたとき

同一の疾患で、病院と並行してはり・きゅうで施術を受けた場合は、医科(病院)のみ保険給付の対象となります。

健康保険でかかる場合には一定の条件があります

以下の要件①、要件②の両方を満たしたとき、健康保険が使えます。

要件① 対象となる傷病である
対象となる傷病が以下の傷病名に限られています。

はり・きゅうの場合 あんま・マッサージの場合
  • 神経痛
  • リウマチ
  • 頚腕症候群
  • 五十肩
  • 腰痛症
  • 頚椎捻挫後遺症
  • ※慢性的な疼痛のある疾病に対し、医師による適当な治療手段がなく、治療上の効果があると医師が認めた場合に限る。
  • 筋麻痺
  • 関節拘縮
  • ※あんま・マッサージは病名によることなく、症状に対する治療となります。
    筋肉が麻痺して自由に動けないなどの症状が対象。(疲労回復や疾病予防などは対象外)

要件② 医師の同意があること
初回申請時には医師の同意書を添付してください。
※定期的に医師の同意が必要です。

 平成30年9月30日までの同意書の取り扱い 

  • 健康保険を使って施術を受ける場合、3ヵ月ごとに同意が必要となります。医師の同意のない施術は健康保険の対象となりません。(ただしあんま・マッサージの施術で変形徒手矯正術を受ける場合は毎月の同意書が必要です。同意のない施術は健康保険の対象となりません。)

 平成30年10月1日より同意書の取り扱いが変わりました。 

変更点は以下の通りです。

  • ① 同意書書式の変更
  • ② 同意期間の変更(3ヵ月→6ヵ月)
  • ③ 文書による再同意
  • ④ 再同意の際の「施術報告書」交付(当面は努力義務)
  • 平成30年10月からは施術を受けてから6ヵ月(変形徒手矯正術は1ヵ月)を経過した時点で、更に施術を受ける場合、医師の診察を受けた上で交付された同意書(文書)を療養費支給申請書に添付する必要があります。
  • 6ヵ月(変形徒手矯正術は1ヵ月)を超えて引き続き施術が必要な場合、医師と施術者の連携が図られるよう、新たな取扱として、施術者は施術報告書を医師への提出用に交付することがあります。施術報告者が交付された場合、施術報告書の写しを療養費支給申請書に添付していただくようお願いいたします。

施術費用は一旦全額自己負担となります(償還払い)

「療養費支給申請書(はり・きゅう用)」または「療養費支給申請書(あんま・マッサージ用)」に必要書類を添えて、当健保に申請してください。

  • ※療養費支給申請書とは?→施術を受けた方が治療費をリクルート健康保険組合に請求し支払いを受けるために必要な書類です。詳しくは手続きのシートを参照してください。

はり・きゅう、あんま・マッサージにかかる場合の注意事項

  • 療養費支給申請書は負傷原因、負傷名、日数、金額記載されていますので、間違いないがないか確認し、必ず自分で署名または捺印をしてください。
  • 領収書をもらい、金額に間違いがないか確認しましょう。もし金額などに誤りがあれば、リクルート健康保険組合までご連絡ください。

当健保からお問い合わせをする場合があります

施術内容や負傷原因について郵送またはお電話にてお問い合わせを行う場合があります。
また、必要に応じて施術同意された医師へ照会する場合もあります。

ページ先頭へ戻る