リクルート健康保険組合

リクルート健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

死亡したとき

被保険者や被扶養者が死亡したときには、「埋葬料」が支給されます。なお、家族や身近な人がまったくいない場合は、実際に埋葬を行った人に「埋葬費」が支給されます。

本人(被保険者)が亡くなったとき

請求対象者 ① リクルート健保の被扶養者の方
② ①以外の方で、被保険者により生計維持をされていた方
③ ①と②に該当しない場合は、実際に埋葬を行った方
必要書類
請求者全員:以下のいずれかの書類をご提出ください。
  • 埋葬許可証または火葬許可証(写)の写し
  • 死亡診断書、死体検案書、検視調書の写し
請求対象者②の場合:以下のいずれかの書類を追加でご提出ください。
  • 住民票(亡くなった被保険者と請求者が記載されているもの)
  • 別居している場合は、定期的な仕送りの事実が分かる書類
請求対象者③の場合:以下の書類を追加でご提出ください。
  • 埋葬に要した費用が記載された領収書の原本(支払った方のフルネームが記載されているもの)
提出期限 死亡した日の翌日から2年以内
提出先 提出先はこちらをご覧ください。
お問合せ先 健康保険組合 業務グループ
0120-501-042(音声ガイドで「2」を選択)
備考 被保険者証の記号・番号に代えて個人番号で届け出をする場合、個人番号確認、身元確認のため別途書類を提出いただく必要があります。個人番号に係る必要提出書類の詳細はこちらをご覧ください。

家族(被扶養者)が亡くなったとき

必要書類
以下のいずれかの書類をご提出ください。
  • 埋葬許可証または火葬許可証(写)の写し
  • 死亡診断書、死体検案書、検視調書の写し
提出期限 死亡した日の翌日から2年以内
提出先 提出先はこちらをご覧ください。
お問合せ先 健康保険組合 業務グループ
0120-501-042(音声ガイドで「2」を選択)
備考 そのほか亡くなられた方を被扶養者からはずす手続きが必要となります。こちらをご参照ください。
参考リンク
被保険者証の記号・番号に代えて個人番号で届け出をする場合、個人番号確認、身元確認のため別途書類を提出いただく必要があります。個人番号に係る必要提出書類の詳細はこちらをご覧ください。

ページ先頭へ戻る