リクルート健康保険組合

リクルート健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

退職した後は

退職後に加入する医療保険

退職後の保険の種類 手続き
誰が いつまで
すぐに再就職するとき 1
再就職先が加入している医療保険の被保険者になる 就業先の
事業所
資格取得日から5日以内
すぐに再就職しないとき 2 リクルート健保の任意継続被保険者になる 加入者本人 退職日から20日以内に健保へ申請書を提出
3 国民健康保険に加入する 加入者本人 退職日から14日以内に住民登録のある市区町村へ申請
4 配偶者や子供等、家族の被扶養者になる

扶養する
被保険者

事実の発生日(退職日)から5日以内に申請
※審査あり
75歳以上の方はすべて
後期高齢者医療制度への加入となります。
手続は不要 広域連合事務局から、75歳の誕生日までに被保険者証が届く

退職した後も給付を受けられます

退職前に継続して1年以上被保険者期間があった人(リクルート健保以外の健保の期間も含む。ただし、任意継続被保険者期間、国民健康保険加入期間および共済組合の組合員期間は除く。)

ただし、平成29年3月以前の出産に係る出産育児一時金に関しても付加給付は支給されません。

退職したあとの給付(本人のみ。被扶養者への給付はありません)

傷病手当金
支給の条件

資格喪失時に傷病手当金を受給しているか、または受給条件を満たしていること。(なお、退職日に出勤したときは、継続給付を受ける条件を満たさないため、資格喪失後(退職日の翌日)以降の傷病手当金はお支払いできません。)

例:平成29年3月31日退職日

3月28日 労務不能であると医師が認めており、療養のため労務に服していない(公休、欠勤、有給休暇)→3日連続の待機期間完成
3月29日
3月30日
3月31日 退職日当日は労務不能であると医師が認めており、療養のため労務に服していない(公休、欠勤、有給休暇)
  • ※退職日前日までに待機期間が完成しており、退職日は療養のため労務に服していないため、退職後も療養を行う場合は継続して傷病手当金の請求ができる。
参考リンク
出産手当金
支給の条件

退職日に出産予定日または実出産日以前42日(多肢の場合は98日)を経過している、かつ退職日に労務に服していない場合。

参考リンク
出産育児一時金
支給の条件

資格喪失後6ヵ月以内の出産で、他健保などから支給されない場合

参考リンク
埋葬料(費)
支給の条件 (1)資格喪失後3ヵ月以内(1年以上の被保険者期間は必要なし)
(2)傷病手当金、出産手当金の支給を受けている間
(3)これらの給付打ち切り後3ヵ月以内に死亡した場合
参考リンク

ページ先頭へ戻る